二重まぶたを自力で作るには?二重まぶたの簡単な作り方とは

一重から二重になるだけでも、印象がガラッと変わります。しかも、二重にすることによって、目の大きさが違うため可愛く見えるだけではなく、一重のように目が細くないため目つきも悪くなくなります。

今は、さまざまな道具が出てきており、二重にするテープや二重接着剤で二重にする方法、プチ整形で二重にする方法もあります。その中でも、マッサージなどを利用して二重まぶたを作っている人がおり、これで癖付けされた二重の線は、二重テープのように不自然ではありません。

そこで、二重まぶたを自力で作る方法や簡単な作り方についてまとめました。
彩式小顔整顔

二重まぶたを自力で作るには

二重まぶたを作る際に、テープや二重接着剤などで癖付けをしている人もいますが、腫れぼったいまぶた、薄いまぶた、奥二重など、人によってまぶたの形もさまざまです。

テープや接着剤を利用している人もいますが、これを利用することによって、肌に合わない人や肌が弱い人は、まぶたが荒れてしまう場合があります。しかも、何度も二重接着剤やテープを利用して、剥がして、付けてを繰り返していると眼瞼下垂になってしまうことがあります。

眼瞼下垂(がんけんかすい)とは

上のまぶたが垂れ下がってしまい、視界が狭くなり、目で物を見るのが難しくなってしまう状態をいいます。

眼瞼下垂は、目をあける際に、眉毛を無意識のうちにあげたり、あごを上げながら物をみることになってしまいます。さらに酷くなってしまうと頭痛、肩こり、めまいなどを起こしてしまう場合があります。

印象もまぶたが垂れ下がっているため、二重にもしずらくなってしまい、寝不足のような顔になってしまいます。しかし、可愛くなりたいがために、一重から二重にしている人も多くいます。

二重まぶたの簡単な作り方とは

二重まぶたを簡単につくるには、フェイスマッサージを行うことによって、まぶたの重みとなっている脂肪を取り除くことが大切です。

まぶたの脂肪を取り除くマッサージ(注意点)

まず初めにマッサージを行う際には、爪を切り、やすりをかけるなどして、まぶたを傷つけないように気を付けましょう。

まぶたをマッサージする時間帯は、血行を促す必要があるため、お風呂から上がった時や温かいタオルをまぶたにあてた時に行うようにし、クレンジングオイルなどの滑り易いものを利用して顔のマッサージを行います。

何もつけない状態で行ってしまうと、滑りが悪くなり、まぶたの皮膚や目を傷つけてしまう場合があります。

まぶたの脂肪を取り除くマッサージ

1.目頭から人差し指の腹の部分を添え、まぶたの骨をなぞるように目じりにかけてマッサージしていきます。(この時押しすぎてしまうと、眼や皮膚に傷がついてしまう可能性があります)
2.目じりに来ている人差し指は目じりで止めておき、そのままの状態で中指も目頭から目じりまで流します。(約10回繰り替えす)

しかし、これらは何度も繰り返して効果が出るものなため、まずは繰り返し続ける必要があります。簡単に、二重にすることは、非常に難しいのです。

そこで、彩式小顔整顔は小顔を期待することができるため、まぶたの脂肪が少なくなり、二重になる確率は非常に高くなります。二重になることによって化粧をするのも楽しくなりますが、一重よりも化粧ノリも良くなります。

「彩式小顔整顔」は、1日約3分のマッサージを行うことによって、二重になれる可能性が非常に高くなるものです。実際に「彩式小顔整顔」で小顔になり、二重になっている人は何人もおります。

このように、二重まぶたを作る場合には、さまざまな道具を利用して作ることがあり、眼瞼下垂になってしまう可能性やまぶたが荒れてしまうなどのリスクが見られています。「彩式小顔整顔」を正しく行うことによって、20年間でも約80%の人が効果を実感しています。

二重になりにくい人は、さまざまな道具を利用しても、なりにくい場合もありますが、「彩式小顔整顔」では、二重になることができる可能性は高いのではないでしょうか。小顔にすることによって、二重になり、髪などで輪郭を隠す必要もなくなるため、印象を変えることが期待できるでしょう。
彩式小顔整顔

このページの先頭へ