ニキビとは?大人ニキビとは?にきびができる理由とは

洗顔をしても、スキンケアをしても、肌のトラブルが発生してしまう時があります。また、深刻な肌の悩みの一つで、ニキビは多くの人も抱えている肌の問題ではないでしょうか。

ニキビの問題では、病院に通っても治らない人やエステに通っても治らない人、食生活に気を付けても治らない人もいます。しかも、ニキビがあることによって、肌の質が悪くなっているだけではなく、見た目にも良いものではありません。

思春期の頃に酷くなってしまったニキビは、大人になっても残り続けることもあるため、早めの対処をしなくてはならないのです。では、ニキビはどのようにして、肌にできてしまうのでしょうか。

そこで、ニキビや大人ニキビ、さらに、ニキビができる理由についてまとめました。
本当に正しいニキビケア

ニキビとは

ニキビとは、別名尋常性ざ瘡(じんじょうせいざそう)といわれているもので、皮脂(毛穴の奥にある皮脂腺から分泌されている)が詰まり、白ニキビや黒ニキビ、赤ニキビ、膿を持っているニキビができる皮膚の病気のことです。

ニキビは、顔だけにできるものではなく、顔、肩、背中、あご、胸の周辺などにできるものもあります。しかも、ニキビはできてから悪化する場合もあります。白ニキビや黒ニキビの場合には面皰(コメド)と言われ、毛穴が詰まり皮脂が溜まることでアクネ菌と呼ばれる菌が繁殖し発生します。

治りにくいニキビは、悪化を繰り返して炎症します。また、膿を持つだけではなく、一つのニキビが複数になり、ニキビの集団が固まってその部分が盛り上がってしまうこともあります。炎症が酷い時には、でこぼこした痕が残ってしまい、ニキビが無くなってもその痕は消えにくくなります。

アクネ菌とは

アクネ菌とは、別名プロピオバクテリウム・アクネスといい、ニキビが発症しやすい人にあるわけではなく、性別関係なく皮膚に多く存在している細菌です。アクネ菌は、皮脂を食べ増殖しますが、酵素は嫌いとされており、皮脂が詰まっているところや皮脂が多くあるところを好みます。

毛穴は皮脂や汚れがいっぱい詰まっているため、アクネ菌が入りやすく、そこから増殖していきます。アクネ菌はポルフィリンといった物質を出しますが、太陽などの紫外線に当たることで、そこから酵素が作成され、ニキビの炎症などを抑える効果があります。

また、ニキビにはさまざまなニキビがありますが、大人ニキビといったものを聞いたことは有るでしょうか。

大人ニキビとは?

大人ニキビとは、大人になってからできてしまうニキビのことをいいます。

しかし、大人ニキビの原因は非常に多くあり、「会社や人間関係によるストレス」、「不規則な食生活」、「睡眠不足」、「タバコやお酒」、「ホルモンのバランス」、「化粧品」など、ありとあらゆるものが原因となって起こってしまいます。

特に、大人になると仕事を行うようになるため、残業などで残ってしまい自宅に帰るのが遅くなり、寝る時間も遅くなってしまうと肌のターンオーバーが乱れてしまうことがあります。

ターンオーバーとは

ターンオーバーとは、肌の生まれ変わりのことを意味しており、約28日周期で新しい細胞と古い細胞が入れ替わっています。ターンオーバーが乱れてしまうと、古い細胞が溜まってしまうため、古い層が何層にも重なってしまい、最終的には毛穴を狭めてしまうため、そこに皮脂が溜まりやすくなります。

しかも、ストレスを抱え込んでいることによって、ホルモンバランスが崩れ、男性ホルモンである、アンドロゲンといわれるホルモンが増えてしまい、その結果大人ニキビに繋がってしまう場合があります。

食生活にも多くの問題があり、ニキビは予防するのに、ビタミンやミネラルなどの栄養素を、バランスよく取り入れる必要があるのですが、外食や飲み会などが多い場合は、うまく栄養素取ることができずに、食生活の乱れによってニキビが増えてしまいます。

ビタミンやミネラルを含む食材

たけのこ、マッシュルーム、にんにく、シイタケ、ジャガイモ、大根、玉ねぎ、ゴボウ、しめじ、キュウリ、にんじん、豚肉、ウナギ、たこなどがあります。こういった食材をバランスよく取り入れ、偏った食生活にしないことが非常に必要です。

ではニキビは何故できてしまうのでしょうか。

にきびができる理由とは

にきびは毛穴が詰まることでできていますが、顔は特に皮脂を多く分泌しており、ホルモンのバランスが崩れてしまうことによって、皮脂の分泌が活発になってしまい、ニキビができてしまいやすくなります。

思春期になると子供から大人の体に成長し、精神的にも大人になっていきます。この際には、Tゾーンの皮脂が多くなってしまいニキビができやすくなってしまいます。

また、男性ホルモンが多く分泌されてしまうと、皮脂を多く出してしまいニキビが出来やすくなります。しかも、女性にも男性ホルモンは少ないですがあるため、これによって、顎などにニキビが出来やすくなってしまいます。

さらに、ストレスが溜まってしまうと、リラックス状態を司っている神経のバランスが崩れてしまい、男性ホルモンが活発になり、皮脂を多く分泌し、ニキビができやすくなってしまいます。

このように、ニキビには、非常に多くの種類があるだけではなく、悪化してしまうことによって、痕が消えにくくなってしまうこともあります。

現在はストレス社会で、人間関係、会社の責任、自分の責任、取引先の相手や仕事に以外にも、恋愛などでストレスを抱えてしまうことがあります。ストレスを抱え過ぎてしまうと、男性ホルモンが活発になり、ニキビが発生してしまうことで、可愛くなることからも遠ざかってしまいます。

ニキビはあるだけで、化粧ノリを悪くしたり、顔全体の印象を悪くしてしまいます。しかし、ニキビは丁寧にスキンケアを行うことだけでは、治すことは難しくなってしまいます。

そこで、本当に正しいニキビケアでは、96.3%もの人が効果を実感し、ニキビを解決することができています。

ニキビは皮脂を無くし、潤った肌を作り、正しいニキビケアを行うことで、ニキビを克服することができる可能性もあります本当に正しいニキビケアは、敏感肌のために作られており、一生治らないといわれていた重度のニキビを改善へと導いています。

ニキビはなくなるだけでもストレスを感じることがなく、毎日を楽しむことができます。ニキビを無くし、人生を楽しむためにも、本当に正しいニキビケアを利用してみてはいかがでしょうか。
本当に正しいニキビケア

このページの先頭へ