メザイクのやり方とは?メザイクのコツ・メザイクの使い方とは

女性なら誰でも、目が大きくてぱっちりとした二重まぶたに憧れますよね。メイクの際にメザイクを取り入れることで二重まぶたを作ることができますが、きれいなまぶたを作るためには正しい使い方、やり方があります。

ですが、メザイクを使うにはいくつかの注意点もありますので、それらも踏まえてチェックしておかなければならなりません。

そこで、メザイクのやり方と、メザイクのコツ・メザイクの使い方についてまとめました。
彩式小顔整顔

メザイクのやり方とは?

きれいな二重まぶたをつくるためにも、メザイクには正しいやり方があります。

ファイバータイプのメザイクでは、皮膚の汚れをキレイに除去して、清潔な肌の上に使用します。もちろんファンデーションも付けず、完全にメイクをする前の状態の肌に施します。次に、無理な二重ラインを作ろうとせずに自然なラインを見つけて、付属のY型プッシャーで決めていきます。

それからファイバーは目幅よりも長めの8センチ程で、両端を持ってピンと伸ばした状態にし、二重ラインに置いて3秒ほど置いたら食い込ませていきます。最後に余分な部分を専用カッターでカットすれば完成です。

特に注意したいのは、自然な二重ラインを見つけることです。二重ラインを欲張って付けてしまうと、メザイクがうまく食い込めなく、まぶたについているだけになってしまいます。

メザイクの注意点

メザイクで自然な二重まぶたをつくるには、コツと正しい使い方を知ることが必要となります。間違った方法では、きれいにできなかったりまぶたを傷めてしまいますので、しっかりとポイントを抑えて置きましょう。

お肌をきれいに保つためにも、メザイクを付けたまま寝ることや一度使ったものを再利用すること、こすったり引っ掻いたりすることや専用カッター以外のハサミなどではカットをしないようにしましょう。まぶたのデリケートな皮膚を傷つけてしまうことがあります。

また、メザイクをオフする時には、クレンジングで優しくまぶたの端からクルクルとマッサージするように落としていきます。メザイクを施す時もしっかりと皮脂の汚れを落として、メイクをする前に使用しましょう。

メザイクよりも手間のかからない二重まぶたの方法は

上記でご説明したように、メザイクのやり方やポイント、注意点は細かいため、面倒にもなってしまうことがありますよね。このメザイクをすることでメイクをする時間が伸びてしまうこともあるうえ、メザイクは消耗品なので、無くなったらまた新たに購入していかなければなりません。

しかも、デリケートなまぶたに負担を与えてしまう一方で、結局は根本的な一重まぶたの改善ができません。そこで、手間をかけずに本物の二重まぶたを手に入れるには、彩式小顔整顔を試してみることが1番おすすめできます。

この彩式小顔整顔では、メザイクのように毎日のメイクに時間をかけることなく、自然な二重まぶたを手に入れることができます。

プチ整形や手術をしたり、メザイクなどの道具を一切使うことなく、自分で二重まぶたを定着することができるもので、皮膚や筋肉、脂肪などの原因に注目しても解決できなかった一重まぶたでも、彩式小顔整顔は骨格までも矯正していくので、二重まぶたになるための効果を実感できるようになっています。

自然な二重まぶたを手に入れるためには、彩式小顔整顔しかないと言えます。
彩式小顔整顔

このページの先頭へ