メザイクできない?二重にできない・奥二重でできない理由とは

今では二重まぶたを作るアイテムとして人気を誇る、メイク用品のメザイクですが、残念ながら全ての人がきれいな二重まぶたを作ることができるとは限りません。

それはメザイクの使い方の上手い下手に限らず、二重まぶたにできない理由があるためです。特に、奥二重の人の場合はメザイクを使っても、きれいな二重まぶたになりにくいことが多くありますので、なかなか悩みの解決に繋がりません。

そこで、メザイクできないことと、二重にできない、奥二重でできない理由についてまとめました。
彩式小顔整顔

メザイクできない理由とは

メザイクを使っても、うまく二重まぶたを作れないという女性は多いのではないでしょうか。もちろん、やり方や注意点をしっかり守っているのにも関わらずに、そういったことが起こってしまうことがこれまでに多く見られています。

メザイクができない悩みとしては、1時間くらいですぐにとれてしまう、くっきりした奥二重にメザイクが負けてしまうなどが挙げられます。

しかし、これにはちゃんとした理由があるため、これを理解しておくことが必要です。メザイクで二重にできないのは、まぶたの状態が関係しています。

一重まぶたや奥二重でも、まぶたをつまんでみた時に肉がパンパンに付いていたり肉がたるんでいたり、たくさんつまめるのであればその対処をしなければなりません。

まぶたに肉がパンパンについているのであれば、老廃物が多く溜まってむくんでいる状態です。リンパの流れを良くしていくことで、二重を作り出せるようになります。また、まぶたの肉がたるんでいるのであれば、お顔が老化してきている証拠です。しかし、この解決の手段として顔全体をリフトアップしていくことで、二重を作り出せるようになります。

メザイクで二重まぶたを作りやすいのは、これらに当てはまらないまぶたの状態で、薄くて少しだけ肉がつまめる程度の人だと言えます。つまり、メザイク以外の方法を用いることが、二重まぶたを作ることに適しているのです。

メザイク以外の方法で二重になるには

せっかくメザイクで二重まぶたになれると思っていても、それぞれのまぶたの状態によって、なかなかうまくいかずにイライラしてしまうこともあります。そこで、メザイク以外の方法で手軽に二重まぶたを手に入れるには彩式小顔整顔を取り入れることがおすすめできます。

この彩式小顔整顔では、まぶただけに細工するのではなく、顔全体を整えていき、自然な二重を生み出すものです。上記でご説明したように、まぶたの状態が良くないと言える場合には、この彩式小顔整顔で矯正していく必要があります。

この彩式小顔整顔の効果により、メザイクでは解決できなかった一重や奥二重の人でも、自然な二重を手に入れることができるのです。ちなみに、この彩式小顔整顔では、これまでにどんなまぶたの人でも自然で、そしてきれいな平行の二重まぶたを作り出すことができています。

しかも、メザイクのように毎回施したり落としたりするものではなく、道具を使わずに二重を定着させることができるのです。毎日メイクの際にメザイクをするのは、まぶたに負担をかけてしまいますが、この彩式小顔整顔なら、顔全体の矯正を行うので、負担をかけないうえに続けていくほど美しさを手に入れることができます。

メザイクに頼るよりも、この彩式小顔整顔を取り入れてみる方が断然おすすめできるのです。
彩式小顔整顔

このページの先頭へ