豊胸手術の脂肪注入の失敗は?脂肪注入後のしこり・痛みとは

バストアップを叶えるための豊胸手術でも、一般的に取り入れられている脂肪注入という方法では、全ての人が100%満足できるものではなく、中には失敗してしまうケースも見られています。

この脂肪注入によってバストの形や大きさに満足できない場合以外にも、しこりや痛みといった症状が表れてしまい、望んでいない悲惨な結果になってしまうことは避けたいものですよね。

そこで、豊胸手術の脂肪注入の失敗と、脂肪注入後のしこりと痛みとはどのようなものなのでしょうか。
バストアップラボ

豊胸手術の脂肪注入の失敗は?

豊胸手術の脂肪注入とは、太ももや二の腕、お尻や背中などの気になる部分に付いている脂肪を抜き取り、その脂肪をバストに利用するというものです。バッグなどを詰め込むのではなく、吸収されやすい自身の脂肪なので、安心できる手段だと言われています。

ただ、最もメジャーに行われている手術でも、脂肪注入は失敗してしまうことがあります。

脂肪注入の失敗例

バレてしまうようなバストの形になる、感染症になり乳房が欠損するなど

せっかくバストアップをしても、注入した脂肪の吸収によってバストが戻ってしまいますが、その吸収力は安定しているものではありませんので、形にも影響が表れてしまいます。

また、豊胸手術による感染症ですが、これは女性にとっては致命的と言えるものです。脂肪注入の感染症は重度になってしまうことが多く、その症状として脂肪が溶けて流れ出てくることや感染症が乳房全体に広がってしまい、乳房を全て失ってしまうことがあります。

せっかく理想のバストを手に入れるために高い費用をかけて豊胸手術したにも関わらず、失敗してこういった状況になってしまっては、取り返しがつきません。もちろん、こういった事例は少ないものですが、自身の身に起こる確率がゼロだと言い切ることはできません。

脂肪注入後のしこり・痛みとは

脂肪注入後には、しこりができたり痛みを感じている女性が見られています。

脂肪注入では、純粋な脂肪が使われていない場合や大量の脂肪を注入した場合など、しこりができるリスクが高くなります。また、脂肪注入の際、脂肪注入の時に水分や不純物が混ざっていると、脂肪が壊死してしまいますので、バストの形に影響が出てしまいます。
また、脂肪吸引後には強い痛みが表れます。この痛みによって、着替えや寝ることが困難になるなど、生活に支障が表れてしまうこともあります。

バストアップができたとしてもこれらの悩みがあれば、ストレスにも繋がってしまいます。

脂肪注入よりもおすすめできるバストアップ方法

脂肪注入をすることは理想のバストを手に入れるための手段でもありますが、失敗してしまった時の損害が大きいと考えると、気軽に手を出せるものではありません。もし豊胸手術で脂肪注入を行うのであれば、慎重に考えて決断しなければなりません。

しかし、どうしてもバストアップの夢を叶えるのであれば、より安全な方法を取り入れることが求められますが、今では手術を行わずに自力でバストアップができる方法があります。その方法とは、プロのスタイリストによって生み出されたバストアップラボです。

このバストアップラボのDVDでは、簡単で手軽なバストアップの方法とポイントを分かりやすく解説しています。それを真似するだけで、早ければ1週間程でその効き目を感じられるようになり、バストアップを叶えられるというものです。

これさえあれば、脂肪注入をして失敗することやその料金もかかることがありません。とても気軽なうえに忙しい女性にとっても実践できるものなので、非常におすすめできるのです。

豊胸手術よりもバストアップラボなら安全

上記でご説明しているように、バストアップラボなら豊胸手術の脂肪注入で失敗して取り返しのつかない状況になってしまったり、胸にしこりや痛みなどに悩まされることもありません。

大事な自身の体のこととなるので、まずは安全面を優先に考えたとき、豊胸手術のようにリスクがないうえに圧倒的に簡単にできることから、バストアップを目指すのならバストアップラボしかないと言えるでしょう。

しかも、これまでにバストアップラボを取り入れた方は、豊胸手術やエステサロンでの施術よりも良い効果があったと感じられていたことから、どなたにでもそのバストアップの効果に期待できると言えるでしょう。

女性にとって、バストアップが成功できるということは、大きな喜びに繋がると言えます。理想のバストを手に入れるための最短距離の方法として、失敗のリスクやコストのかからない、バストアップラボを取り入れるのが1番良いでしょう。

もし、豊胸手術に悩んでいるのであれば、バストアップラボをぜひ取り入れてみましょう。
バストアップラボ

このページの先頭へ