二重まぶた整形の失敗とは?後悔する二重まぶた整形とは

一重や奥二重の方が二重まぶた整形しようと思っているのなら、理想のまぶたの形などを考える前に「失敗しないか」「後悔しないか」ということも視野に入れておくべきです。

今ではメイク感覚で二重まぶた整形を受ける女性が非常に多いと言えますが、手術には変わりはないので、きれいになることを目指すためでも安易な考えではできません。

また、ただ二重まぶたになることだけが良いとは限りません。まぶたの幅や形など、理想はそれぞれ異なるため、大金をかけて整形を受けても失敗に終わってしまうことや後悔してしまうという残念な結果も考えられます。

そこで、二重まぶた整形の失敗と、後悔する二重まぶた整形とはどのようなものなのでしょうか。
彩式小顔整顔

二重まぶた整形の失敗とは

二重まぶた整形は、美容外科の医師などのプロによる施術だとしても、少なからず失敗してしまうことが考えられます。実際に、これまでに二重まぶた整形で失敗してしまった女性たちは何人も見られています。

二重まぶた整形の失敗例

    二重が定着しない
    望んでいた仕上がりと違う
    目が腫れぼったい
    目が開きづらい

一般的に行われている埋没法という二重まぶた整形では、二重が定着しにくいことがあります。この方法では、まぶたの裏にひだを作って糸で止めているのですが、その糸が取れてしまうことがあるので、目をこすったりすることは避けなければなりません。

しかも、この糸はトラブルが付き物で、糸が取れてまぶたの内側に残ったり、出てしまうこともあります。他にも目を開きにくくなったり、目が腫れてしまってからなかなかその腫れが引かないということもあります。

さらに、こういった糸を使った埋没法失敗の中でも、眼球を傷つけてしまうリスクまであります。埋没法にはナイロン製の糸を使うことが主流となっているのですが、このナイロン製の糸が眼球を傷つけてしまい、目に大きな負担をもたらしてしまうなどの危険にも繋がることがあります。

もし、失敗で目に違和感があれば、病院で対処することになります。こういった失敗があると後悔してしまい、もう1度整形をしてでも元に戻したいと考える人もいるのです。

後悔しない二重になる方法

整形で大金をかけて失敗や後悔することなく、自然で満足のできるような二重になる方法があることをご存知でしょうか。

それは、美容のセラピストによって生み出された彩式小顔整顔です。この方法では、脂肪が付いたりむくんで腫れぼったいまぶたや老化によって垂れたまぶたの場合でも、失敗することなく二重を作り出すことができます。

その二重まぶたを作り出すためには、顔をリフトアップさせることが関係しているのですが、この方法では整形のようにまぶたに細工するだけではなく、顔全体のバランスから整えていくので、どんな方法よりも自然なまぶたを作ることができるのです。

もちろん、この方法で手に入れられた二重まぶたは自然に作られたものなので、違和感があることや失敗に後悔することも無いでしょう。

整形せずに二重を手に入れるには

どんなにコンプレックスを解消できる方法だからと言って、二重まぶた整形をすることには、100%実現できるという保障がついているものではありません。

実際に、これまで二重まぶた整形を受けた人の中には、失敗したことで大きく後悔している方もいて、そこからそれぞれで回復していかなければならない状況になっています。

そのため、安易に整形することはできません。しかし、二重まぶたは手術なしでも作り出すことができる方法が存在しています。整形をせずに二重を手に入れられる「彩式小顔整顔」は、安全面やリスクを考えると1番良いと言えるでしょう。もちろん、整形の費用を考えた時も、この彩式小顔整顔なら大幅に抑えることもできます。

整形の方法の中には、メスで切開をする場合もありますので、後遺症による腫れや痛みなどもあるため、一時的ではありますが、辛い思いを我慢しなければなりません。さらに、埋没法による糸のトラブルもありませんので、日常で不安に感じることも無いのです。

加えて、この「彩式小顔整顔」なら、腫れや痛みが出ることも無い上、そういった辛い思いをしたり我慢をすることもないので、なにより自然な方法なのです。自然に手に入れた二重は見映えがとても美しくなるため、最もその人に似合うまぶたとなるでしょう。ぜひ「彩式小顔整顔」を実践してみることをおすすめします。
彩式小顔整顔

このページの先頭へ