ニキビ予防とは?ニキビ予防の洗顔の効果とは

ニキビが出てしまうことは、性別や年齢問わず多くの人の悩みとなっています。

様々な肌トラブルの中でも人から見られてしまいがちなニキビは、何としてでも作らないための予防が必要です。ニキビはストレスや体調の変化などによって引き起こされてしまいますが、ニキビがあるとどうしても印象を悪くしてしまいがちで、不潔だと捉えられてしまうこともあります。

そこで、ニキビ予防と、ニキビ予防の洗顔の効果とはどのようなものなのでしょうか。
本当に正しいニキビケア

ニキビ予防とは

ニキビ予防とは、ニキビを作らないために行うものです。

そもそもお肌は、どんな人でも4週間に1回のペースで生まれ変わる仕組みになっています。最初の2週間で皮膚の内側から新しいお肌ができ、そこから2週間かけて古いお肌が剥がれ落ちていくというサイクルです。

もしニキビができてしまっても、また4週間後の新しいお肌を待っていれば、綺麗なお肌を手に入れることにもなります。そう考えると、ニキビでストレスになることを抑えることもできますね。

お肌を作り出すことはニキビ予防にもなりますが、そのためには睡眠をしっかりとることや食事で栄養をバランスよく摂ること、ストレスを溜めずに気分転換をしながら生活をしていくことが必要となります。

さらに、ニキビ予防の中でも効果的な方法として、洗顔をすることが注目されています。もし、毎日洗顔をしていてもニキビに悩まされているのであれば、その方法は間違っている可能性があると言えます。

ニキビ予防のための洗顔には正しい方法がありますので、慎重に行わなければ予防の効果を発揮することができません。いくつかのポイントをしっかりと把握して実践していきましょう。

ニキビ予防の洗顔の効果とは

ニキビ予防の洗顔の効果とは、清潔なお肌を保ち、傷を付けたりしないことで、お肌をキレイに変えていくことのできるものです。その清潔なお肌を保つための洗顔方法にはいくつかの大切なポイントがありますので、しっかりと押さえて取り入れていきましょう。

また、この洗顔を取り入れることに加えて、正しいスキンケアや十分な睡眠と食事、ストレスの解消でニキビを予防していきましょう。

手を洗う

洗顔をする前に手を洗います。汚れた手での洗顔はお肌を汚してしまうことがあり、ニキビ予防の効果に期待できなくなる為です。

クレンジングをする

メイクをしている時は、先にクレンジングをしてお肌のファンデーションや下地のクリーム、コンシーラーなどのベースメイクを浮き上がらせておきます。ティッシュではなく柔らかいコットンを使い、水を含ませてから軽く拭き取ります。

素洗いをする

いきなり洗顔料を付けずに、まずはぬるま湯で素洗いをします。水か体温に近い温度が良いでしょう。

顔を洗う

洗顔料や石鹸で適度に泡を立てます。顔の中心から髪の毛の生え際に向かっていくことがポイントで、泡が立ってからおでこや目の周り、頬や口まわりに向かい、指の腹で優しく円を描くように洗っていきます。

36~37度くらいの人肌の温度の水を、両手ですくってじゃぶじゃぶと顔全体にかけて泡を落としていきます。この時は手で顔をこすらず、水だけを顔にかけるようにします。
熱いお湯で洗ってしまうと、皮脂まで洗い流されていきお肌が乾燥してしまう原因になり、皮脂がさらに分泌されることでニキビの原因を作ってしまうため注意です。

タオルで水気をとる

綺麗なやわらかいタオルを、擦らずにポンポンとあてて優しく水気を取っていきます。ごしごしと擦ると、お肌に傷を付けたりニキビや肌荒れにも繋がってしまいます。

保湿

洗顔後には感想を防ぐため、化粧水やクリームで保湿をします。化粧水は顔全体に優しくなじませ、クリームは目の周りや口元だけに使います。

洗顔でニキビ予防をしっかりとする

毎日の洗顔を意識的に変えることで、ニキビ予防に効果的となります。ニキビで悩んでいる方は、ぜひこの方法を取り入れていきましょう。上記でご説明した方法が正しい洗顔方法となりますので、もし自己流で誤った方法をしているのであれば、今すぐにでも改善していくことが必要です。

皮膚にニキビや汚れなどがあると、ついゴシゴシと擦ってしまいたくなるものですが、顔のお肌は特にデリケートなため、ダメージを与えてしまわないように優しくしてあげることがとても重要になります。

洗う時の順序や水の温度など、細かい部分まできちんと改善して実践を続けていくと、洗顔でもニキビ予防になりますので、キレイなお肌を目指していくことができるでしょう。
本当に正しいニキビケア

このページの先頭へ