二重まぶた整形の痛みとは?二重まぶた整形の腫れとは

二重まぶた整形をしたいと考えている人にとって、理想の二重になることだけを求めていると、実際の整形手術では、思ってもいなかった痛みや腫れの症状に驚いてしまうことがあります。

二重まぶた整形にはどうしても痛みや腫れがつきものです。これまでに二重まぶた整形をした人による、インターネット上のレビューを見てみると、不満を訴えている人がいることも事実です。

そこで、二重まぶた整形の痛みと、二重まぶた整形の腫れとはどのようなものなのでしょうか。
彩式小顔整顔

二重まぶた整形の痛みとは?

二重まぶた整形をする時に怖いのは、やっぱり痛みだと言われています。目の周りの皮膚はデリケートなうえ、痛みがあることで不安で仕方ないと思ってしまうのは当然のことでしょう。

痛みはどのようなものかを説明するのは難しいものですが、実際に二重まぶた整形を受けた人の口コミを見てみると「痛みが少ないというのは嘘だった」「痛くて叫びそうになった」などとリアルな感想を知ることができます。二重まぶた整形はよほど痛いということが分かりますね。

一般的に人気で「メスを使わないため痛みが少ない」と言われている埋没法でも、もちろん痛みはつきものです。しかも、この二重まぶた整形の痛みというのは1度だけではなく、数日間続いてしまうことがあります。

麻酔注射による痛み

二重まぶた整形の施術前に行う、麻酔の注射による痛みです。最初にチクっとした注射針の痛みに耐えることができれば、施術中に痛みはありません。

術後の痛み

メスを入れた場合など、二重まぶた整形による痛みは術後にも続きます。まぶたの鈍い痛みが2~3日程度続きますが次第に治まります。痛み止めを処方されるので、痛みが辛い場合にはこれを服用していきます。

二重まぶた整形の腫れとは

二重まぶた整形には、痛みと同様に腫れも付き物ですが、腫れが出やすいケースと出にくいケースがあります。もちろん、これには個人差もあります。

まず、二重まぶた整形の方法によってそれぞれ異なりますが、埋没法では3日程度、切開(部分切開・全切開)の場合には1~2週間で「大きな腫れ」が消えると言われています。気になる「大きな腫れ」というものですが、完全に腫れが引くには1年程かかります。

これは手術によって組織が炎症を起こしているためで、まぶた以外の場所の手術でも起こるものです。そのため、腫れを隠すために外出時には大きなサングラスをして歩くことになることや周囲に二重まぶた整形をしたことがすぐバレてしまうこともあります。

その他にも、二重まぶた整形が腫れを引き起こしてしまう原因に、普段からアイプチやメザイクなどを使用していることやアトピー性皮膚炎によるまぶたの炎症があることです。アイプチやメザイクなどを使用していると、デリケートなまぶたの皮膚がかぶれてしまっていることもあります。

それらに加えて、手術による組織の炎症が起こることで、腫れが酷く表れるといった場合があるのです。

痛みと腫れの出ない方法で二重まぶたを作るには?

痛みと腫れの出ない方法で二重まぶたを作ることができたら、二重まぶた整形を考えている人にとって、一番良いですよね。実はそんな夢のような方法があります。それは彩式小顔整顔を実践することです。

この彩式小顔整顔は、顔のむくみやたるみを手術なしで取り除いていき、自然な二重まぶたを作り上げることができるものです。もちろん、アイプチやメザイクなどを使うことも無いため、まぶたに負担をかけることがありません。

しかも手術のように痛みや腫れが無い他にも、失敗するリスクない上に手術をするよりも圧倒的にコストを抑えられるので、嬉しいものとなっています。

効果が出るのは早ければ1週間程度と言われていますので、整形をして腫れが引くのを待つよりも、手っ取り早く二重になれる方法だと言えます。

リスクの無い二重を手に入れるには

現在はどんなに医療が進んでいると言っても、美容外科で行われている二重まぶた整形の手術には必ずと言っても良いほど痛みと腫れがありますので、どうしても受けたいのであればその覚悟が必要です。

しかし、そういった痛みと腫れを心配しながら二重まぶた整形に挑むよりも、安全で安心できる彩式小顔整顔を試すだけで、手軽に二重まぶたを手に入れることができます。

大事な顔の目元となると、痛みや腫れは深刻な悩みにもなりがちで、手術の場合には失敗をしてしまうリスクも少なからずあります。そういった不安から全て解放してくれる上、理想の二重まぶたを手に入れられるのが、この彩式小顔整顔なのです。

この彩式小顔整顔なら、あなたもきっと理想の二重まぶたを手に入れられて、コンプレックスが解消でき、明るく楽しい毎日を過ごせるようになるでしょう。
彩式小顔整顔

このページの先頭へ