二重まぶた整形はすぐにバレる?ばれない二重まぶたの方法とは

二重まぶた整形をして憧れていた二重まぶたが手に入ったとしても、その仕上がりによっては周囲から「整形している」と一目でバレてしまうことがあります。

この二重まぶた整形がバレてしまう原因には、目元に腫れがあることやまぶたの幅が不自然な仕上がりとなっていることがあります。それに、「整形をしている」という事実が広がれば、美しくなったはずのその人の印象を、かえってマイナスにしてしまうことも考えられます。

そこで、二重まぶた整形はすぐにバレるかどうかと、ばれない二重まぶたの方法についてまとめました。
彩式小顔整顔

二重まぶた整形はすぐにバレる?

二重まぶた整形をすると、周囲の人や初対面の人でも、見た瞬間にすぐにバレてしまうものです。二重まぶた整形がバレる原因には、手術後にどうしても表れてしまう腫れや傷、仕上がりが不自然なことが挙げられます。

二重まぶた整形がバレる主な原因

手術の腫れや内出血が目立ちやすい、傷の痕がある、目が閉じられない、二重まぶたのラインが不自然

ちなみに、誰が見ても「整形したんだな」と一目で分かるような手術で、さらにその仕上がりが不自然であれば、その整形は失敗していることもあります。

また、気軽な感覚で整形をする海外の国もありますが、国内では整形をすることに対して良い印象を持っていない人が多いため、職場や近所の人々にバレてしまうと、なんだか気まずいと感じてしまうこともあるでしょう。

さらに、仕上がりはごく自然でも、以前の目元と比べてあまりにも変化が大きすぎることで、友人や家族などにバレてしまうことがあります。特に、家族や両親のことを考えてみると、せっかく産んだ子供がその顔に満足していないで整形したということに対して、あまり良いと思わないでしょう。

仕上がりに変化が無いような二重まぶた整形は?

仕上がりが自然な二重まぶたであっても、手術の前を大きく顔が変化したと思われれば、結局すぐにバレてしまいますが、バレないようにごく僅かだけの二重まぶた整形であれば、高額な費用をかけて整形する意味が無くなります。

つまり、バレることを気に掛けすぎていると、整形の度合いは非常に難しくなってしまいます。もちろん、変化が少ないからといって整形がバレないというものではありません。

毎日のように顔を合わせている職場の人や恋人など、敏感な人や距離の近い人には気付かれてしまうものです。

ばれない二重まぶたの方法とは

そこで、ばれない二重まぶたになる方法として、整形をせずに自力で自然な二重を作ることのできる彩式小顔整顔がおすすめです。

見た目に無理のない二重のラインを作ることを意識するこの方法では、アイプチやメザイクも用いる必要がないため、まぶたに負担をかけずに自然な二重まぶたを作り上げることができます。さらに、手術の痕のように腫れが起こることやまぶたに違和感があること、またはアフターケアの度にお金をかけていくようなことも無いのです。

加えて失敗することもなく、周囲に気付かれてもごく自然な仕上がりになっているため、整形したと思われることもないでしょう。ばれない二重まぶたを手に入れる方法には、この彩式小顔整顔が適しています。

バレない二重を手に入れるなら彩式小顔整顔

同じく二重になることといっても、「手術で整形をする」ことと「彩式小顔整顔で自然に作り上げる」ことの2つの方法では、仕上がりや周りからの印象も全く異なります。

二重まぶた整形では、腫れや痕が残ってしまうことや不自然になってしまうことがあり、周りにバレてしまうだけではなく、その仕上がりに対して満足できないこともあります。

そのため、何1つリスクを作ることのない方法として、二重になるには自然に作り上げることのできる「彩式小顔整顔」を実践していく方が良いと考えられますよね。バレないことを重視して二重を手に入れるなら、彩式小顔整顔が1番効果的です。
彩式小顔整顔

このページの先頭へ