奥二重を自力で二重まぶたにするには?簡単な二重まぶたの作り方

一重ではないけれど、二重よりも目元の印象が弱くなってしまいがちなのが奥二重です。奥二重は立派な二重まぶたでもありますが、まぶたの状態によって腫れぼったく見えてしまいがちなので、できればこれを改善していき、綺麗な二重まぶたにしたいと望んでいる人は多いのです。

しかし、奥二重の場合には、どうやっても改善することが難しいと思われがちです。しかし、実は奥二重でも簡単に二重まぶたを作れる方法がありますので、これからご紹介していきます。

そこで、奥二重を自力で二重まぶたにすることと、簡単な二重まぶたの作り方についてまとめました。
彩式小顔整顔

奥二重を自力で二重まぶたにするには?

奥二重を自力で二重まぶたにするには、整形をすることやアイプチ、メザイクといったコスメを使用しなくても、自分でマッサージをすることだけで叶えることができます。

奥二重の人が抱えている悩みには、「まぶたに脂肪がついている」「まぶたにむくみがある」といったことがほとんどですが、この悩みが原因となっています。

そもそもまぶたの仕組みですが、二重まぶたの人には、目の周りの筋肉や挙筋腱膜と皮膚組織が癒着しており、細胞がきちんと二重まぶたを構成しています。

奥二重も立派な二重まぶたなのですが、奥二重の場合には、まぶたに脂肪やむくみがあることで、本来の二重まぶたのラインを覆ってしまっているということによって作られているのです。

つまり、奥二重の場合には、二重まぶたのラインを覆っているまぶたの余分な脂肪やむくみを取ることが必要なのです。

二重まぶたの作り方とは

奥二重の人が二重まぶたを作り出すことができるとお分かりいただけたはずですので、次はその手段についてご紹介していきます。まぶたに付いてしまった余分な脂肪やむくみを取るにはマッサージが効果的ですが、目の周りへのマッサージには、注意するべきポイントがあります。

まず、目を大きく見開いた状態を維持します。マッサージをする部分は上まぶたの全体ですが、眼球を避けて目頭と目尻、その間を親指で優しく押していきます。目の周りの頭蓋骨を意識して、目の周りの骨を親指の腹で押し上げるようにマッサージしていきます。

このマッサージを行うことで、余分な脂肪を少なくし、浮腫みもおさえていくことができるので、スッキリとしたまぶたになり、くっきりとしたきれいな二重まぶたを作れるようになります。

また、マッサージを行うのはお風呂上りなど、血行が良くなっているときに行うことで、さらにその効果を引き出すことができるようになります。二重まぶたを手に入れるためにも、正しい方法でこまめに取り入れていきましょう。

効果的な二重まぶたの作り方

上記でご説明したまぶたのマッサージですが、実はもっと効果的に二重まぶたを作る方法があります。それは彩式小顔整顔です。

この「彩式小顔整顔」では、体質や遺伝だからといってあきらめていたあなたのまぶたでも、脂肪やむくみをすっきりとさせていき、くっきりとした二重を定着できるようになるのです。

しかも、顔をリフトアップさせることや目を大きく見せること、小顔になる方法など、実はこれらも二重まぶたには大きく関係しているのですが、これらの知識も得ることができるのです。

この彩式小顔整顔では、二重まぶたを手に入れるためのマッサージだけではなく、正しい知識も取り入れていくことができるため、一時のものではなく、きちんと定着させて継続させていくことができるため、最も効果的な二重まぶたを作る方法が実践できるのです。

美しい二重まぶたを手に入れるには

奥二重や一重まぶたの女性にとって、綺麗な二重まぶたを手に入れることは理想ですよね。そこで、この彩式小顔整顔を実践していくことで、その理想を叶えられるようになります。

彩式小顔整顔でのまぶたのマッサージだけではなく、顔のバランスから整えていくことで、その効果はしっかりと実感できるようになり、あなたもしっかりと二重まぶたを定着させることに期待できます。

二重まぶたになるにはプチ整形するしかないとあきらめてしまう前に、自宅で簡単にできる「彩式小顔整顔」を取り入れていくことで、これまでに得られなかった顔全体の美しいバランスも手に入れることができるでしょう。
彩式小顔整顔

このページの先頭へ